메뉴바로가기

본문 바로가기 주메뉴 바로가기 하위메뉴 바로가기 하단영역 바로가기
豊胸手術 その他の整形

She's 胸整形 生まれたときから!そんな自然なボリューム感!

コヒシブジェル豊胸整形

わきの下を5~6cm切開し、胸の下の大胸筋の下へコヒシブジェルを挿入し、ボリュームのある胸を演出していきます。

コヒシブジェル豊胸手術の特性

  • 01

    今まで使用されてきた温生理食塩水パックに比べて、感触がとても良くなりました。

  • 02

    シリコンの外皮が損傷しても凝縮力(固体系)があるので人体に吸収されず安全です。

  • 03

    コヒシブジェルは生理食塩水バックとは違い、シリコンを丸ごと挿入しなければならず、脇の下を5~6cm切開しなければなりません。しかし、手術後しっかりと縫い合わせていくので、手術跡がほとんど残りません。赤い術跡は3ヶ月ほどできれいになくなります。

手術情報

  • 01

    脇の下の皮膚がシワのようになっている部分を切開し、胸の下にある大胸筋の下にシリコンを挿入します。脇の下を切開して挿入していく方法は、豊胸手術の方法の中でも一番一般的に行われている手術方法です。

  • 02

    胸の筋肉の下に挿入していく手術方法は、傷跡が正面から見えないというメリットがあります。

胸手術後のマッサージ(スムースタイプのシリコンなどで手術をした場合)

  • 私たちの体は、体内に異物質やシリコンなどが入ってくると膜を形成する働きがあります。これはシリコンを使用する全ての整形手術に起きる一般的な現象でもあり、このような膜が太く形成されないように、手術後のマッサージが必要になってきます。 She's整形外科では、手術後の治療が終わった後、高周波サービスでマッサージ昨日を同時に行い、ハレや回復を緩和させるお手伝いをしております。

治療及び回復期間

  • 手術後1日は入院が必要となり、3~4日間は毎日治療となります。また、その後は1日おきに通院。
  • 抜糸は手術後7~10日ほど経過した後に除去となります。
  • 豊胸整形は、1週間程度の回復期間が必要となり、手術に集中することをお勧めします。術後すぐから日曜生活は可能ですが、3~4日程度はゆっくりと休むようにして手術におのぞみください。
3~4日は毎日治療。その後4~5日は1日おきに通院 術後7~10日目に抜糸 回復は1週間程度の予想

水滴豊胸手術

女性の胸の形と一番似ている形を維持でき、とても自然なボリューム感を演出できます。

手術情報

  • 01

    水滴が下に流れ落ちる姿に似ているシリコンで、姿勢に合わせてそのシリコンが一緒に動くので、とても自然な仕上がりの効果を得ることができます。

  • 02

    このシリコンは、既存のラウンド形のコヒシブジェルのように脇の下から切開をしていく方法、また胸のシワを切開していく手術方法があります。最近は、脇の下から切開していく方法が主流です。

  • 03

    水滴シリコンが適している胸は、乳頭から乳房の下のラインが短い場合、元々胸の大きさがとても小さい場合、また胸の位置がとても上にあったり、下にあったりする場合、胸がたるんでしまっている場合、胸の筋肉が発達しすぎている場合の方にむいています。

  • 04

    She's整形外科では、世界的なメディカル専門企業ジョンスエンジョンソン社のMentou CPGシリコンを使用しております。Mentor CPGは、FDAとCEから承認を受けた安全なシリコンです。数年間の臨床結果で、豊胸手術、再検手術、そして再手術に効果的で、患者様の満足度が高い手術です。

手術方法

  • 01

    脇の下からシリコンを挿入する場合には、既存のコヒシブジェル整形と同一に脇の下のシワの線にそって5-6センチ切開していき、胸の下の大胸筋の下にシリコンを挿入していく方法で行われます。胸の下から挿入する場合には、胸の下のシワ線を4-5センチ切開して挿入していきます。

  • 02

    水滴の形のように一番出っ張っている部分が下のほうにいくように行います。

  • 03

    切開する部位は、しっかりと縫い合わせていき、術跡を最小限にします。

治療及び回復期間

  • 手術後1日は入院が必要になります。3~4日間は毎日治療をうけ、その後4~5日間は1日おきに通院となります。
  • 抜糸は術後7~9日経過してから行います。
  • 豊胸整形は、1週間程度の回復期間が必要となり、手術に集中することをお勧めします。術後すぐから日曜生活は可能ですが、3~4日程度はゆっくりと休むようにして手術におのぞみください。
  • 水滴シリコンは、テクスチャータイプのため、術後のマッサージが必要ありません。
3~4日は毎日治療。その後4~5日は1日おきに通院 術後7~9日目に抜糸 回復は1週間程度の予想

豊胸手術 整形前後 注意事項

  • 胸手術は全身麻酔を行うので手術8時間前からは絶食となり、水も摂取してはいけません。
  • 最少2週間前から薬(風邪薬、ホルモン剤、各種補薬、アスピリン)を服用してはいけません。服用中の薬がある場合、または特別な副作用や過去の病歴などがある場合には事前に当院へお知らせください。
  • ひどい風邪や呼吸器が非正常ではない状態のときには、手術を延期することになります。
  • 生理期間中に手術を行いますと出血が多く、ハレや内出血もひどくなりますので、この期間を避けて手術を受けることをお薦めしています。
  • 手術後2~3週間ほどは無理な運動やチムヂルバン、サウナ、銭湯などは避けてください。
  • お酒と煙草は2週間ほどは避けてください。
  • スムースタイプのシリコンで手術を行った場合には、治療が終わった次の週から高周波マッサージをサービスで行っております。マッサージは自宅でも1日15分以上ずつ6ヶ月以上毎日行ってください。手術後2週間までは少し痛みを伴い場合もあります。
  • 反対にテクスチャータイプのシリコンで手術を行った場合には、マッサージの必要がなく、むしろマッサージをしてはいけません。
  • 球形構築を防ぐために、薬の処方が行われます。この薬と一緒に、マッサージを自分でもしっかりと行いますとよりよい仕上がりになります。
手術前の検査と麻酔

豊胸手術は、全身麻酔のもとで行われますので、現在の健康状態を確認する事前の検査が必要となります。事前検査内容は、血液検査、尿検査、肝臓機能検査、胸部エックスレイ、心電図、止血検査になっています。

病院名 She’s整形外科 | 代表者 キム·ギョンホ | 事業者登録番号 602-08-37406
「48952」釜山広域市 中区 光復路 73 4~5階 She’s整形外科
代表電話 +82 (0)51-710-0788 | ファックス +82 (0)51-710-0787

Copyright© 2015 SHE’s. All rights reserved. Designed by FIX