메뉴바로가기

본문 바로가기 주메뉴 바로가기 하위메뉴 바로가기 하단영역 바로가기

She's 脂肪吸引 スタイルが決まるボディーライン!

ボディライン脂肪吸引

二の腕、横腹、太ももの外側ライン、お尻の下のラインの脂肪を簡単に吸引して、ボディーラインを矯正していく方法が、‘ミニ脂肪吸引」の用語で言われています。 * ミニ脂肪吸引とは、小さい切り込みで吸引が必要な一部の脂肪だけを吸引していくという意味でつけられた名前です。より理解しやすいようにつけられた名前で、医学用語ではありません。

手術情報

  • 01

    ダイエットや運動にもかかわらず、落ちにくい横腹や腹部、二の腕、太ももなどの部位は、レーザー脂肪吸引術で脂肪を矯正することができます。レーザー脂肪吸引手術は脂肪を溶解し分解させるだけでなく、溶解後に吸引していくので施術の効果がより高い手術になっています。

  • 02

    施術後、施術部位の皮膚に弾力が増加し、術後の皮膚がデコボコになる心配がありません。

  • 03

    レーザー光繊維をハンドピスと一緒に脂肪に挿入し、レーザーを照射して脂肪を溶解した後に吸引していくので手術効果がより高くなっています。

  • 04

    手術時間は30分~1時間程度になっています。

  • 05

    脂肪を吸引する部位に5mmほど切開し、脂肪を溶解・吸引した後、精密に縫い合わせていくので、出血もほとんどなく、火傷や術跡などの心配もありません。

  • 06

    多量の脂肪を吸引する場合、レーザー脂肪吸引だけでは限度があります。このような場合には、振動式脂肪吸引とレーザー脂肪吸引を同時に行っていきます。レーザー脂肪吸引と振動式のどちらのメリットも同時に行え、多量の脂肪を吸引することができます。

治療及び回復期間

  • ミニ脂肪吸引の回復期間は7~10日程度です。
  • 術後2~3日目から学校や会社などに通うこともできます。
  • 多量の脂肪を吸引した場合には、ハレが引くまでは相当の時間がかかります。
  • ハレがひき、自然な仕上がりになるまでには3週程度の回復期間が必要です。
  • 治療は、術後7~10日間1日おきに治療を受けます。
  • 脂肪吸引手術後、早い回復を促すために、治療後に高周波ケアをサービスで行っております。
  • 高周波ケアはハレの緩和に効果的で、術後の脂肪層を整えてくれる働きをします。
7~10日間1日おきの治療 治療の最後に日に抜糸 自然な仕上がりになるまで3週間

手術前後 注意事項

  • 手術当日は、緑茶・コーヒー・紅茶などのカフェイン飲料を摂取しないでください。また、手術2時間前からは絶食になっています。
  • 処方を受けている薬や糖尿・血圧などの疾患や病歴がある方は、前もってお知らせください。
  • お酒・煙草は2週間ほど避けてください。
  • 術後に圧迫服を着用しますと回復までの時間を短縮するだけでなく、吸引過程で破壊された脂肪細胞がいち早く吸収され、より高い効果を感じることができます。最小で3ヶ月、最大で6ヶ月ほど着用することをお薦めしています。長く着用するほど、手術の効果を高めることができます。
  • 脂肪吸引手術後、運動と食事療法を並行させるとより高い効果を得ることができます。食事の調節が難しいという場合には、脂肪吸収抑制剤や食事抑制剤を服用することもできます。
  • 手術後2~3日で痛みが消えますが、部位を押すと痛みを感じることもあります。
  • このような痛みは数週間程度持続することもあります。
  • 手術後の日常生活には支障がありませんが、会社員や学生さんなどは最小で2~3日ほどはお休みすることをお薦めします。
病院名 She’s整形外科 | 代表者 キム·ギョンホ | 事業者登録番号 602-08-37406
「48952」釜山広域市 中区 光復路 73 4~5階 She’s整形外科
代表電話 +82 (0)51-710-0788 | ファックス +82 (0)51-710-0787

Copyright© 2015 SHE’s. All rights reserved. Designed by FIX