메뉴바로가기

본문 바로가기 주메뉴 바로가기 하위메뉴 바로가기 하단영역 바로가기

She‘sの正直な美容整形コラムは 豊富な経験から 始まります。

病院を運営しながら感じること、 お客様と対話することによって新しく学んでいくこと、多様な病院でのことを She’sの正直なコラムをしてお伝えしています。

手術後のハレ・あざを最小化!媚薬・シネク

投稿者
1
投稿日
2013.11.01
アクセス数
2062

 

整形手術をしたいと希望する方が、手術前に悩むことの一つとして、ハレやあざです。手術後のハレやあざについてに心配がないというのであれば、手術をすると決心することがいまほどは難しくならないはずです。しかし、みんなが忙しいこの世の中で、手術後のハレやあざ、そして回復までの時間を要する手術をすぐに決定することが難しい。簡単なボトックスやヒアルロン酸注射が、皆さんに好まれるのは、回復の時間が必要ないからともいえます。


 

どんなに小さい手術でも、癒着を通じての手術(皮膚に傷をつける手術)は、皮膚の中を切開する部分の傷が出て、自然な仕上がりになるまで、最小でも2~3週間の時間が必要になります。簡単で、回復期間がほとんど必要ないとわれる二重手術でも、手術後の治療が終わり、ハレが引くまでには1週間ほどの時間が必要になります。また、皮膚に切開をいれ、保形物を挿入したり、皮膚を切除したりする手術は、回復期間がさらに長くなります。


 

回復期間が短い手術といっても、ハレやあざができる場合もあり、働いている方には、そのような手術をするのにためらってしまうでしょう。また、短い休暇の間に手術をし、ハレやあざが引き、自然な仕上がりになったら、仕事に復帰するというのも、かなり難しい。職場に出勤し、「私は整形をしました」という表示が、あざやハレでばれてしまう。


 

しかし、最近、不思議な薬を紹介された。薬の名前は、シネク(sinecch)。この薬を最初見たとき、「手術前後の薬の服用で、ハレやあざを最小化させることができる」と歌い文句が目に入った。これを見た瞬間、薬への興味がわいてきたが、半信半疑ということも事実だ。紹介を受け、この薬についての報告書、論文などを見た。関連資料などを見ながら、この薬についての信頼がもてるようになってきた。その後、少し前から、当病院の顧客の方たちへ紹介をし始めた。整形手術への要求とともに、ハレやあざについての心配からか、紹介してからそれほど立っていないのに、たくさんの顧客の方からこの薬についての問い合わせが来た。その問い合わせもあり、薬の性能、効果について紹介しようと、このコラムを書くことにしました。



 

まず、この薬の成分は、キク科の薬草です。スイスにアルプス山脈から排出される薬で、血管循環に効果があり、凍傷や遭難したときの治療に使われている薬です。しかし、この薬草や一種の毒薬なので、外用はできるが、服用はされていなく、たくさん食べてしまった場合には、腸内出血を起こしたりする可能性があるからです。


 

シネクは、同種用法の原理を利用し、開発された薬物です。同種用法とは、似ているもので、似ている問題を治療するという意味で、出血をさせる毒薬を20万分の1を希釈させ、治療をできるように純粋な成分だけを増殖させる。体内に危険な毒性分だけを除去し、効果的な成分だけを拡大させ、治療を可能にしました。この成分を服用すると、脳は体のどこかで出血したと感じ、出血している部分を直そうと微細循環を活発化させ、出血をさせる薬で、出血を未然に防止する仕組みでハレやあざを最小化させる原理になっています。


 

しかし、現代科学では、キク科の薬草成分の効果を認めることができないため、韓国食薬庁から許可を受けるまはかなりの時間を要した。シネクは、10年間の研究の末、2009年についに韓国食薬庁から許可を受けた、最初の同種医学の薬品です。この薬が、韓国でも安全だと認められた異常、手術後のハレやあざについての心配をされていた方の負担を少しは減らすことが可能になるのではないかと思う。




前へ
中年層に勧める整形、脂肪移植
次へ
童顔の条件
病院名 She’s整形外科 | 代表者 キム·ギョンホ | 事業者登録番号 602-08-37406
「48952」釜山広域市 中区 光復路 73 4~5階 She’s整形外科
代表電話 +82 (0)51-710-0788 | ファックス +82 (0)51-710-0787

Copyright© 2015 SHE’s. All rights reserved. Designed by FIX